読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ange.le mort's Guild

遊戯王とCOJ、時々東方とDTM

【COJ】v2.0新カード雑感

本日の題目:COJS収録カードの雑感


26日付でCOJの新バージョンが稼動されました。
そこで、v2.0登場のカードの雑感をば。

遊戯王の雑感と違い、こちらは特に気になったのをピックアップしていきます。
効果とかは書かないので、各自調達の方向で。


Q:速さが足りない!
A:忙しかったからしゃーない


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


◆ユニット
・赤
新能力【狂戦士】が登場。

《デモンフィスト》
やる事が《リリム》のそれ。何はともあれボイス。

《炎剣・レーヴァテイン》
武身のバーン担当。今回の武身の新規はこれと緑の《ゲイボルグ》のみで、一応だが赤緑への企図も見えてきた。
4色への企図は、青の武身が増えない事には何ともいえない。赤青双方の武身がもっと増えれば、構築の幅がもっと広がるのだが…

《創世竜ティアマト》
新能力である【狂戦士】は『強制攻撃を行う』というもの。
今回ので云えば《ケロール・レッド》《ミノタウロス》の2種類が該当する。で、このユニットは相手ユニットに【狂戦士】を付与するというもの。とはいえ対象がコスト3以下のため、これらが刺さりそうなのは珍獣デッキを始めとするローコストユニットが多いデッキ。
返り討ちできれば〆たものだが、思わぬカウンターを食らう可能性がある。除去はもちろん、トリガー/インターセプトによる迎撃もあり、過信できない。状況次第では自分の首を絞める危険性も。
3つめの効果はクロック持ちと合わせたいところ。手札を多く持っている状況を狙い撃ちたい。


・黄
新能力【神託】が登場。

《ゴールド・ダルマン》
新機軸の《KP》。それに加えてブロッカー持ち。6500までならブロックできるが、むしろメインとなるのは、《KP》がやっていたソレ。

《白ずきんちゃん》
神託】は奇跡が発動すると取り除かれる能力で、《白ずきんちゃん》は1度だけダメージを帳消しにする効果。
カウンタークロック持ちと合わせて使いたいところだが、そのスロットが空いてるかというと…?

《天空神機ゼウス》
新機軸の《毘沙門》。しかし【進化禁止】が付いているため、かの《毘沙門》連打ができなくなっている。
劣勢を覆すカードとして重宝されてきた《毘沙門》の後継となるユニット、まずは3枚集めたい。


・青
青の新カードは総じて墓地参照のカードが多い。単色デッキを組め、と云わんばかりの効果が多い。

レヴィアタン
蘇生には捨て札の青属性カード10枚以上必要と、効果だけ見れば墓地蘇生が見込めるのは中盤以降。今作の同色にはデッキからランダムに削る《TA-YU》がおり、現状では《TA-YU》と組み合わせて使ってね、という意図が見え隠れする。
ユニットの場合は捨て札へ送る手段は豊富にあり、例えばオーバーライドを多用する、とかすればいいし、青のインセプもローコストのを多用すれば速く溜まる。
遊戯王で云う《針虫の巣窟》《ニードルワーム》互換のカードが出てきたら、また違った構築ができそうな気がする。

《邪眼天使サリエル》
アドを稼ぐだけで相手は死ぬ。破壊耐性持ちが相手だと間誤付きそうだが、現時点では不要なカードをセットしてから攻めるのがいいみたい。
そうなると、遊戯王で云う《アーティファクト》よろしくユニットが欲しいところ。そうした動作ができるユニットが出てきたら、《サリエル》を軸に面白いデッキが作れそうだ。


・緑
これといって特色なし。緑の《ドーバーデーモン》に限らず、スタン落ちを受けたカードの性能を受け継いだカードがあちこちに散見される。

ドーバーデーモン》
新機軸の《ハッパロイド》。CP+1だが、自身がコスト2であり、普通に出して-1、軽減で出してプラマイ0。コスト2以下のユニットやインターセプトを続けて出したいところ。

《勇戦の騎士》
やる事が《ジャンヌダルク》のそれ。ライフに応じて付与する能力が異なる。できれば安全に攻めれて、かつ【貫通】を付与するライフ3以下の時に出したい。そうすればLv1でBP10000、されど除去や【沈黙】付与、バウンスに注意が必要。


・紫
新たに加わった属性。紫ゲージと呼ばれる専用のゲージに関連した効果が多く、それらの量に応じて効果が発動する。補填するものから消費して発動するものまで様々。

《ニャザード》
紫属性における属性サーチャー。紫属性ユニットを使うなら3枚は確保したい。

《パープルバニー》
低BPユニット相手なら+2保障。
個人的には白黒バニー以外の他属性のバニーも出てきてほしいところ。そうしたら兎デッキを組めるのに。

《エンプーサ》
パイモン》と《エンプーサ》…この2人が今回のπ担当ってところでよろしいか?
効果は青の《バフォメット》と同じ。

《狂鬼イフリート》
紫ゲージのブースター役。
まず出したターンで+2、カウンタークロック発動で+2、最大で+4ゲージが溜まる。状況的に発動しやすく、LPさえ気をつければブーストが可能。とはいえ黄でいう《マネキーニャ》ポジのユニットが出て来ない事には永久機関化できず、現状では出したターンとカウンタークロックによるブーストしか望めない。
クロックアップで紫ゲージが+1される効果を持つユニットが今後出てくれば、《狂鬼イフリート》とのコンボでゲージブーストが望める。

パイモン
デカぁぁぁぁいッ!説明不要ッッッ!
最大でBP+3500、紫ゲージ3以上で相手全ユニットに《ベーシック・キャノン》。同属性には《魔天ルシファー》がおり、これと組み合わせる事でBPを大幅にパンプアップできる。
加護持ちなので対象効果に対しては強いのだが、全体除去には注意が必要。加護に加えて消滅破壊両方に耐性を持たれたらツライ。これらに加えてさらに秩序の盾を持たれるともっとツライ。

元ネタはソロモン72柱の1柱。COJはギリシャ神話が元ネタのユニットが多いが…もしかしたらこれは、今後はソロモンが元ネタのユニットとか増えていくんだろうか?

《魔天ルシファー》
コスト6と重いが、紫ゲージが5以上あればコスト3以下の紫ユニット釣り上げと貫通付与、そして大幅なパンフアップを行える。
貫通付与と大幅なパンプアップはターン終了時までとはいえ、紫ゲージが溜まっている状況下ではBP10000超えのユニットが多く並び、貫通も相俟ってか大幅ダメージを見込める。
CP次第ではワンショットも狙えそうだが、気をつけるべくは除去による戦線の崩壊か。軽減で出したり、《追い風》等のCP増加カードや、まりねのジョーカーと組み合わせて早い段階から展開したいところ。


◆トリガー
トリガーは今回3種類のみ。

《愛しき来訪者》
《ターニングポイント》
新機軸のサーチカード。スタン落ちした汎用サーチカードに代わって重宝される。


インターセプト
インターセプトは紫を除き、各色3種類ずつ。

・無色~緑属性
《新センターポジション》
で、この中で次は誰が卒業するんですかね?(ゲス顔

《ハードグラビティ》
あえて相手ユニットのレベルををガン上げして、除去要素をちらつかせるのもアリ。バーンカードゆえに【秩序の盾】持ちには注意したい…

《美しき彫像》
相手ユニットの攻撃を躊躇わせる1枚。行動権消費効果持ちのユニットや、行動権関係のジョーカーと合わせれば、バーンダメージが膨らむ。

《待ち合わせ》
色に関しての制約は無いので、できればコスト5以下で強力な効果を持つユニットを蘇生させたいところ。しかしランダム蘇生なので狙い通りにいけるかどうかは不確定。
相手ユニットもコールしてしまうが、このターンに除去できれば問題ない。

《救いの神風》
《追い風》の後継カードというべき1枚。

・紫
《封殺の紫呪印》
【進化禁止】を付与するため軽減からの進化が狙えなくなり、かつオーバーライドによるオーバークロック対策にもなれる、一手封じの1枚。やられた側は歯軋り不可避。

《魔人の羽化》
やる事が緑における《不可侵防壁》のそれに近い。紫ゲージの溜まり具合によるが、3以上溜まっているとギリセーフラインでも危険。他のBP関連のインターセプトの事もあるし…

《いにしえの錬金術
ノーコストで撃てるドロー&ゲージブースター。劣勢時でないと撃てれないが、性能的に複数積みたい。


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


と、いったところで今回はここまで。
今回、新たに登場した紫属性。ぷよぷよと同じ5属性になったとこで、今後はぷよぷよとのコラボが期待できそう。そうなる場合、WLWコラボと同じようにインターセプトで登場しそうな気がする。

紫属性と他属性の混色を組むとしたら、BPをガン上げしやすい緑とか、《アレス》やPR《ネビロス》など焼いて攻める赤とか、色々とできそう。


個人的には《エンプーサ》《パープルバニー》《パイモン》の3つは速攻で確保したい。
考えてるデッキがあるので、それに入れてみようかと。