読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ange.le mort's Guild

遊戯王とCOJ、時々東方とDTM

【遊戯王】1610期リミットレギュレーション雑感

遊戯王

【禁止】
「レベル・スティーラー」

【制限】
「PSYフレーム・ロード・Ω」
聖なる魔術師
「デビル・フランケン」
「マジェスペクター・ユニコーン

【準制限】
アーティファクト-モラルタ」
「甲虫装機 ダンセル」
「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」
「慧眼の魔術師」
「DDスワラル・スライム」
「DDラミア」
「光天使スローネ」
「マスマティシャン」
「神の写し身との接触」
「真帝王領域」
「モンスターゲート」

【制限解除】
「クリッター」
「クリフォート・ツール」
「サウザンド・アイズ・サクリファイス」
「光の援軍」
「六武の門」
「堕ち影の蠢き」
「光の護封壁」


1610期LR雑感


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


・総評
総じて【シンクロダーク】といったユーザーデザインデッキを規制する改訂であり、それ以外では環境デッキで使用されたカードを中心に鉈が振るわれている。
その一方で世界大会を制した【青眼】と、【ABC】に対してはノータッチ。世界大会で暴れたカードもいくつかはノータッチとなった。
CSの結果が上がるたびに槍玉に挙がった《SRベイゴマックス》は難を逃れたが、【DD】の2種類は準制限ながら規制リスト入りするなど、アニメ産テーマは明暗が分かれた。
それ以外では過去に環境を席巻したカード群が軒並み緩和されている。準ながら、かつて《混沌帝龍》と共に猛威を振るった《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》が緩和されている事に、時代の流れを感じる。


・禁止
《レベル・スティーラー》
長年シンクロデッキや高レベルMのお供として搭載されていたカードが一発禁止の憂き目に。
その最たる要因は【シンクロダーク】規制だが、【ジャンクドッペル】などソリティア要素のあるデッキにも打撃を被った感がある。
レベルを食った分だけ蘇生―――それに制限が無いのは流石に拙く、レベルが高ければ高いほど無尽蔵に墓地から出てくる。☆12モンスターが場にいる場合は数回の蘇生で停止するが、レベルを食う、という事はレベルが3桁・4桁(例:《フォトン・サテライト》《グリード・クェーサー》)に膨れ上がれば、その分無限に沸き立つ、という事に。
☆2SyMへの展開役やレベル調整役として重宝されたが、禁止カードに指定された事でそれらができなくなったのは大きなマイナスといえる。
レベル調整はしょうがないとして、シンクロの方はソリティアをしようと思えば工夫次第でなんとかなるのでは…?
その模索で苦労しそうなのだが…


・制限
《PSYフレーム・ロード・Ω》
聖なる魔術師
《デビル・フランケン》
《マジェスペクター・ユニコーン
ここらは主に【メタルフォーゼ】への抑止力と考えていい。
《PSYフレーム・ロード・Ω》は【シンクロダーク】規制により制限行き。そりゃあれだけ初手全ハンデスをやったらそうなる訳で…。しかし、手を変え品を変えて、ならまだ何とかなるだろうが、あまりやりすぎるのは危険か。
《デビル・フランケン》は【インフェルノイド】でも度々姿を見せたカード。ライフコストがかなりでかいものの、《ナチュル・エクストリオ》がぽっと出てくるのが非常に大きかった。魔法・罠の牽制役として一役買ってくれたが、《デビル・フランケン》の規制で多少は出辛くなった。
《マジェスペクター・ユニコーン》はしゃーないとしか。
今回、禁止組から緩和された《聖なる魔術師》だが、今の環境で墓地から戻したら拙い魔法カードはいくつあるのだろうか―――それらの回収役としての役割がありそうだが、そこに空いているスロットはあるんだろうか?


・準制限
アーティファクト-モラルタ》
《甲虫装機 ダンセル》
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
《慧眼の魔術師》
《DDスワラル・スライム》
《DDラミア》
《光天使スローネ》
《マスマティシャン》
《神の写し身との接触》
《真帝王領域》
《モンスターゲート》
準制限は【DD】を除いて、過去の環境テーマや汎用性の高いカードの緩和が多い。
その【DD】は、主軸となっている2種が準制限に。この裁定で多少動作が鈍くなると予想。
それ以外は冒頭でも云ったが、過去に席巻した環境テーマから。0309期に猛威を振るった【カオス】の一角が準とはいえ緩和された事に、時代を感じる。


・無制限緩和
《クリッター》
《クリフォート・ツール》
《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
《光の援軍》
《六武の門》
《堕ち影の蠢き》
《光の護封壁》
こちらも過去の環境テーマや汎用性の高いカードが中心。
中でも《六武の門》は3枚に緩和された事で、一応ながら【六武衆】が力を取り戻した事になる(まだ《真六武衆-シエン》が制限のままだが)。
しかし、今の環境のインフレ具合に、過去の環境テーマがついてこれるかどうか……


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


といったところで今回はここまで。
新規レッドアイズが登場した辺りから、販促を兼ねたLRになってきている今日この頃。

今回の裁定で影響が出るデッキはというと…


・シンクロダーク→手を変え品を変えればまだ何とかなるが、実質壊滅
・メタルフォーゼ→足をもがれたがまだ大丈夫
・DD→足をもがれてスピードダウン
・ジャンクドッペル→アイエエエエエ!?スティーラー禁止!?スティーラー禁止ナンデ!?
・青眼→原作バリアで総スルー
・ABC→ストラクバリアで総スルー
・HERO→餅カエルヤッター!


こんなところじゃないだろうか。
これはこれでまたヘイトが溜まりそうな…