読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ange.le mort's Guild

遊戯王とCOJ、時々東方とDTM

【遊戯王】1704期LR雑感

①イスの上に眼鏡を置く
②風呂に入るため席を離れる
③風呂から上がり部屋に戻る
④はーどっこいしょ
⑤グシャ

眼鏡のレンズが外れる&ネジ止めるところが歪んでるで修理に出すハメに
しかし金欠のため修理に出せないため、お金が入るまでこの状態のまま(白目


本日の題目:1704期リミットレギュレーション雑感

―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


【禁止】
「The tyrant NEPTUNE」
「十二獣ドランシア」
「十二獣の会局」

【制限】
「黒き森のウィッチ」※エラッタあり
「十二獣モルモラット」
「BF-朧影のゴウフウ」
「妨げられた壊獣の眠り」

【準制限】
E・HERO エアーマン
「終末の騎士」
「妖精伝姫-シラユキ」
「ゴヨウ・ガーディアン」
「爆竜剣士イグニスターP」
「氷結界の龍 ブリューナク」
「炎舞-「天キ」」
「洗脳-ブレインコントロール

【制限解除】
アーティファクト-モラルタ」
聖なる魔術師
「DDラミア」


◆総評
全体的に見るとリンク召喚導入に向けての改訂と、脅威の採用率100%で環境を席巻した【十二獣】への規制が主と見る。
【十二獣】への規制は予定調和でもあり、ひいてはリンク召喚の導入で猛威を振るうであろうカードに対して先手を打った感がある。
低速化を標榜する以後の環境においては、新ルールの影響をさほど受けない【真竜】が【十二獣】に代わり1強環境を担うと予想される。

◇【十二獣】
当たり前だbknsg。

◇《The tyrant NEPTUNE》
《The tyrant NEPTUNE》禁止は今後のカードへの悪影響という側面もあるが、一番の問題は《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》との組み合わせだろう。
《簡易融合》で《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》をSSし、それをリリースして《The tyrant NEPTUNE》を出すと、攻撃力6000・完全耐性・毎ターン5000バーンという強烈なMが出来上がる寸法。さらに新ルールの影響を受けず、相対的に強力になる。
《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》を始め今後出るカードへの影響はもちろんの事、《LL》の効果耐性でのコピー対策もすり抜けるようでは今後のゲームデザイン的に如何な物か、そう判断されての禁止指定と思われる。

◇《BF-朧影のゴウフウ》
リンク召喚導入において、最も採用率が高くなるであろうこのカードが真っ先に制限指定された。
トークンや罠Mをリンクできる裁定から、手軽にリンクでき、さらにこれ1枚でリンク3のLMを出せる事から、低速化のためにも1枚制限に指定されたのでは?

◇《黒き森のウィッチ》
今回のエラッタ解除枠は《黒き森のウィッチ》。《クリッター》と違い自身のサーチ範囲は守備力を参照するため、《帝》Mや《ダーク・アームド・ドラゴン》をサーチできるのはそれだけでも脅威。
エラッタ内容はおそらく前(さき)にエラッタされた《クリッター》と同様になると思われるので、幾分か脅威は和らいだかな、と?

◇準制限
新規に準制限となった《シラユキ》以外は全て1枚制限からの緩和。エラッタ組は来期1707期には制限解除が予想される。
《シラユキ》は【インフェルノイド】や【ライトロード】への抑制?しかし2枚制限でも墓地が充分に肥やしていれば機能するので、さほど影響は無い感じ。
かつてのパワーカードに続き《エアーマン》《終末の騎士》も緩和の道へ。幾度も云ったが、かつてのパワーカードが緩和されていく事に時代の流れを感じる・・・

◇無制限
《モラルタ》は無制限に緩和されたので、これによって【アーティファクト】は全盛期の力を取り戻したが、封殺が飛び交う環境についてこれるかどうかは未知数。


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


全部書くと長いので、とりあえずこの辺で。
低速化を標榜しているけど、それは最初の一時期のみってなったらどうなるんだろ。