読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ange.le mort's Guild

遊戯王とCOJ、時々東方とDTM

【遊戯王】SD雑感

本日の題目:ストラクチャー雑感
今回からストラクの新カードの雑感をやります。

効果は書かないので各自調達の方向で。

※記載漏れ等ありましたら指摘願います。ネタバレ注意。


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


◆総評
記念すべき第10期最初のストラクチャーは、新召喚方法『リンク召喚』を体感するためのデッキ。
流れとしてはSS→NSの流れやトークン生成などでリンク召喚に繋いでいく感じ。
『リンク召喚』に関してはスポイラー時点で相当な騒ぎが起きていたが、疑問が残れどある程度は収束しているものと思われる。
さて、後は今後の動向次第だが・・・


☆4:《ビットロン》
新種族であるサイバース族のバニラモンスター。これ1枚で《リンク・スパイダー》へ繋げられる。

☆6:《ドラコネット》
ローレベルバニラをコールする効果。LSが導入された今期においては、そのLSをサポートするカードとして一役買える性能。
コールしたMによっては様々なLMへ繋げられる。《ビットロン》をコールすれば《ハニーボット》を展開できる。

☆4:《RAMクラウダー》
サイバース族の下級アタッカー。他のMと入れ替えで墓地のサイバース族Mを釣り上げる。釣り上げたMと合わせて様々な動作を。

☆5:《リンクスレイヤー》
路線的には《フォトン・スラッシャー》のような感覚。やる事は手札を複数消化しての《ツイン・ツイスター》といった具合。

☆5:《デコード・トーカー》
今ストラクの目玉カードであり、新アニメの主人公の主力M。
マーカー先にカードがあれば、その分パンプアップ。マーカーは3つなので最大アップ値は1500と高め。上方向にもマーカーが向いているので、相手はリンクが繋がらないよう配慮する必要がある。
魔法・罠を封じる効果を持つが、M効果には無力なので過信は禁物。リンクすると耐性を付与するカードと組み合わせると、文字通り強固な要塞と化す。マーカー先的に、EXMゾーンへの展開が鉄板で強力。

☆5:《ハニーボット》
リンク先に他のEXMを置ければ効果耐性・戦闘耐性が付与される。これを利用して安全にEXからMを展開してもいいし、さらなるLSを目指してもいい。
展開先としては《ドラコネット》からの展開が狙いやすい。マーカー先は左右なので、EXMゾーンよりもMゾーンへの展開が望ましい。

☆6:《リンク・スパイダー》
バニラ1枚で展開できるお手軽LM。手札からになるが、バニラをコールすればさらなる展開が望める。打点は低いため簡単に処理されてしまうが、起点としては充分すぎる性能。

☆4:《サイバネット・ユニバース》
やる事が擬似的な《転生の予言》。Mに限定されるが、再利用をしたり再利用を防いだりと、墓地利用を多用するなら採用を一考したい。


―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×―  ―×― 


といったところで今回はここまで。
これ絶対、上3方向へマーカーが向けられたLMが出そうだよな・・・